イチゴカラーブログイチゴカラーブログ

【ヘアカラーの2剤(6%OX)は酸性です。】

群馬・前橋の青年会館イチゴカラー講習会レポート

190201_01.jpg

190201_02.jpg

モデルさんは講習会に参加された美容師さんです。
いつもは他社の8レベルの薬剤を使用されています。

190201_03.jpg

しかし。1:1調合ヘアカラーの場合、アンダーが11レベルまでしか
リフトできませんので白髪が浮いてしまいます。

従来のカウンセリングでは「明るさを優先しますか?」それとも
「白髪のカバーを優先しますか?」というようにどちらか一つでした。

明るさを優先すれば白髪が薄染まりで浮いた感じは否めない・・・
白髪をしっかり染めるためには少々暗く感じる「6レベル程度」で辛抱して
いただくしかありませんでした。

「イチゴカラーには苺は含まれていません。」「ストロベリーの甘い香りもしません」
「1剤1に対して2剤(6%OX)を5加えるいち1:5カラーです。」

ヘアカラーの2剤 6%OXはメーカーに限らず全てが酸性です。
PHは3.5~4.5です。そのため2剤が多いほど毛髪や頭皮のダメージは軽減します。

今回は基本のイチゴカラーNB8+に2剤を5倍加えて、増粘剤を使用し、ZEROタッチ塗布
しました。 自然放置30分

190201_04.jpg

190201_05.jpg

190201_06.jpg

久しぶりの出動です。シャンプーカー・・・

190201_07.jpg

190201_08.jpg

190201_09.jpg

会議室のため照明が暗く、全体的に暗い感じの画像ですが、実際の肉眼では9レベル程度にしっかり染まっています。

未だ、白髪染め1:1調合ヘアカラーでお悩みの方は百聞は一見にしかず・・・
一度、イチゴカラーをお試し下さい。 ダメージを抑えて明るくしっかり染まる
イチゴカラーに嘘偽りはありません。

臨店講習会の予約も承っております。

今日もご覧頂きまして有り難うございます。

上へ戻る