イチゴカラーブログイチゴカラーブログ

染まり難い毛質対策その①

180811_01.jpg

180811_02.jpg180811_03.jpg

モデルさんは、アルカリカラーで痒みがあるため暫く染められていません。
イチゴカラーを行いますが、絶対に頭皮に付かないZEROタッチを施術します。
染まり難い毛質であることは一目瞭然です。
そこで、染まりにくい毛質対策として、まず、このことを理解して下さい。
(ヘアカラー教本P19抜粋)

180811_04.jpg

このことを踏まえて具体的な対策は「増粘剤」を加え増粘することにより
毛髪にタップリ塗布を行う。(増粘剤使用は結果的に塗布量増につながる)
増粘することのもう一つの目的は「頭皮に付けない完璧なZEROタッチを行うには増粘剤は必須です。」
粘性が弱い(軟らかい)とZEROタッチ塗布を行っても頭皮に流れてしまいます。
特に染まり難い毛質のためタップリ塗布する=頭皮に流れやすくなるのです。
これを阻止するためには増粘剤使用は不可欠です。ヘアカラー剤を増粘すれば染まりは良くなります。

今回は特にショートの硬毛のため6%OX 100gに対してmaxの3gを加えています。
増粘剤(CMC)はメーカーにより1g辺りの増粘効果に大きな差がありますのでご注意下さい。
(デジタルスケールは0.1g単位モードのあるものを使用して下さい。)
(ヘアカラー教本P20抜粋)

180811_05.jpg

つづく・・・

今日もご覧頂きまして有り難うございます。

上へ戻る