イチゴカラーブログイチゴカラーブログ

ラクトンカラー白髪染めBLACK

大阪ラクトンカラー講習会レポートです。

モデルさんは男性美容師さんです。
ラクトンカラーを体験して頂くことにしました。

先日、ご本人にその後の経過を電話でお尋ねしました。

色持ちは? A:2週間ちょっとですかね・・・
ツヤと感触が良い。

その後もサロンでいろいろ試されているようでした。
ありがとうございます。

今回はブラック1:1 6%OXYですから
色持ちをもっとよくするためにはブラック1:0.5 6%OXY
ということになります。他の美容師さんより一ヶ月以上持続するとの報告があります。
①白髪率が30%を超えている。②太い、多毛。③染まり難い毛質
これらの方へは1:0.5をお薦めします。

180204_01.jpg

180204_02.jpg

180204_03.jpg

180204_04.jpg

180204_05.jpg

180204_06.jpg

180204_07.jpg

ラクトンカラーは単にノンジアミンというだけではありません。
ジアミン類以外の酸化染毛料を含んでいません。
①酸化染料中間体=ジアミン類(約5種類)
②カップラー染料=ミアミン類と結合して発色する(約7種類)ジアミン等に表記はありませんが酸化染毛料です。
③ラクトンカラーは純粋に直接染料のみです。

ディーラーさんが持ち込まれれる「ノンジアミン」にご注意ください。
ジアミン以外の酸化染料が含まれている可能性があります。

白髪がどのような染料で染まるのか?
白髪を染めるためには①②③いずれかの染料が必要です。
①が最も色持ちがよく、次が②、③は色素が膨らまないので安全なのです。
しかし、膨らまないので褪色も気になるところ・・・しかし、これは仕方がないことです。

何を一番重要視するのか・・・お客様へのカウンセリングが最も大切なのです。

なお、近日中に非酸化染毛料マロンカラーの実験報告をしたいと思います。

今日もご覧頂きまして有り難うございます。

上へ戻る