イチゴカラーブログイチゴカラーブログ

アルカリカラートリートメント"ラクトンカラー"

イチゴカラーから7月一日発売予定の
ラクトンカラーは特許申請中

従来のカラートリートメントとの大きな違いは
カラトリ自体が塩基性(アルカリ性)

従来のカラートリートメントは
アルカリを加えて容器に入れると
1ヶ月から2ヶ月(色の違い)で色素は
殆ど分解されて透明になるといわれています。

特殊な製法のラクトンカラーはイチゴカラーを
生みの親、奥山博士が新たに開発されました。

今回は最終段階の試作品を使い
博多の美容学校にて本邦初公開させて頂きました。

モデルさんはこの日のために
耐え難きを耐え、忍び難きを忍んでいただきました。
感謝いたします。

170516_01.jpg

170516_02.jpg

イチゴカラー講習会初受講の方々へ
左半分はイチゴカラーNB8単品で
独特の赤みを確認して頂きました。

補色の原理によりLGは赤みを抑えてくれます。

 

170516_03.jpg

170516_04.jpg

170516_05.jpg

170516_06.jpg

170516_07.jpg

モデルさんは明るくなり難い毛質ですが綺麗に染まりました。
右側はブルーを配合した分、少々くらい染まりでしたがメラニン色素は左右ほぼ同等に削っていますのでその後の状態に大きな差は無いと確信しています。
明日はラクトンカラーに5倍の6%OXのみでお洒落染めをご紹介したいと思います。
(尚、ここ数ヶ月はヘナ教本、二冊目「ヘナマニュアル ヘナ巧匠」の執筆に専念していまして、ブログのお休みが続いています。ご了承下さい。)

 

今日も最後ご覧頂きまして有り難うございます。

上へ戻る