イチゴカラーブログイチゴカラーブログ

ちょっと明るくイチゴカラー

沖縄サロン講習会レポートです。

モデルさんはもう少しだけ明るくしたいと
リクエストされました。

さて、お客様が現在、6レベル程度に染まっている
状態で全体的に7レベルに修正出来ますか?

お客様は今より明るいカラー剤を使えば
簡単に明るくなると考えられいます。

一旦、白髪染めで暗く染まっている状態では
その部分を明るくすることは困難である。

プロの認識とは大きな温度差があること
を理解した上でのカウンセリングを心掛けましょう。

暗い部分を明るく出来るがどうかは
毛髪施術歴に左右されます。

暗く染まっている白髪染めを全体的に明るく
染め直すことが出来れば

素晴らしいメニューとなります。

ダメージありきではなく、毛髪ダメージを抑えて
明るく修正する技法2パターンを
紹介します。

151102_01.jpg

カウンセリングの前に施術歴を確認します。
C・D・Eは明るくなりませんので
お断りした方がよいと思います。

無理に施術した場合、のちに
クレームになる可能性大です。

151102_02.jpg

Before

151102_03.jpg

根元NB7、中間毛先へは20:1CL手塗りです。

151102_04.jpg

After

 

151102_05.jpg

中間毛先の明るくしたい部分へ20:1CL塗布
ジアミンを含まないため、白髪が浮く可能性もあります。

しかし、「B」パターンよりダメージが少ない。

 

151102_06.jpg

中間毛先へNB8++Lを1:1で明るく修正する方法。
「A」パターンより白髪が浮かない、しかし、アルカリが多い
のでダメージは大きい。

151102_07.jpg

注意・・・LはLTではありません。ジアミン類が含まれています。

151102_08.jpg

Before

 

151102_09.jpg

根元へ付けないZEROタッチ塗布

151102_10.jpg

根元ZEROタッチ、既染部は手塗り

151102_11.jpg

After

 

151102_12.jpg

Before

 

151102_13.jpg

After


151102_14.jpg

After2

今回は少しだけ明るくというリクエストに
お応えしました。

ワンタッチで行うことが出来たのは
履歴がヘアカラーのみであったこと

サロンのみの白髪染めだったことです。

もっと明るくする場合は2ステップ
を行います。


今日もご覧頂きましてありがとうございます。

上へ戻る